さしぐめのブログ

Web / Meme / 海外アニメコミュニティ等の雑記。IDがモンテネグロドメインを内包してるって最高。

GCPでゲームメディアを無料で作成しよう

この記事では、GCPを使ったゲームメディアの運営について解説します。

必要なもの

  • Google Cloud Platformのプロジェクト
  • WordPressの経験
  • CloudFlareの理解
  • DNS設定の経験

それでは、構築を始めて行きましょう。

GCPを始める

https://cloud.google.com/

ここで何かプロジェクトを作りましょう。これからやってもらうステップでは、お金はかかりません。

(今回は「永久無料枠」に収まる範囲のプロダクトだけ使いますが、Cloud Storageなどで請求が発生する場合もあるのでご了承ください。)

WordPress用インスタンスを作ろう

https://console.cloud.google.com/marketplace/product/bitnami-launchpad/wordpresspro

WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic を使用します。

設定

以下の設定に変更します。

  • Zone: us-west1-a
  • Machine type: micro
  • Boot disk size in GB: 30GB

そしてデプロイします。

デプロイ

デプロイ完了

デプロイができました。右側にAdmin URLがありますから、クリックしましょう。

Adminを開いて動作確認

ログイン画面

ログイン画面が表示されたら成功です。

先程のデプロイ完了画面に、Admin userAdmin passwordがありますから、それを使ってログインしましょう。

動作確認できた

WordPressの管理画面が表示されたはずです。

CloudFlareでキャッシュする

このままでは、アクセスする度にインスタンス上で処理が実行され、ページが生成されます。非常に無駄が大きいので、CloudFlareを使ってキャッシュしましょう。

CloudFlareに登録

https://cloudflare.com

こちらからアカウントを作成してください。

さて、CloudFlareにキャッシュしてもらうには、「一定のIPアドレス」が常に保持されていなければいけません。

以下、設定を間違えると、アクセスができないなど致命的な障害を引き起こすのでご注意ください。

静的なIPを作る

https://console.cloud.google.com/networking/addresses/list

これはGCPの「外部IPアドレス」のページです。先ほどデプロイしたWordPressのIPアドレスが表示されているでしょうか。

エメフェラる

エメフェラルは一定間隔で変わってしまうため、これを「静的」に変更してください。

静的

静的IPアドレスに、適当な名前を付けてください。

結果

静的なIP35.227.161.48が割り当てられました。

CloudFlareでDNSを設定

https://storage.googleapis.com/public-napoancom-data/asobinon/dns.png

CloudFlareで新しいサイトを追加し、「DNS設定」を開きます。

Aレコードを追加して、適当なサブドメイン名を付け、IPアドレスをペーストします。

TTLとプロキシ

TTLは自動で、Proxy StatusProxiedにし、保存します。

(以下、執筆中)


参考

https://qiita.com/ulwlu/items/dbb0db5cf7099b7a7cc4

Copyright © 2021 Ryo Ando. Built w/ Love & Hatena Blog.